マーケティング

日々を綴る

社会への価値・幸福

現代社会において、企業は単なる利益追求集団ではなく、社会の一員として責任ある行動が求められています。その中で、社会への価値と幸福を意識したマーケティングは、企業と社会の持続的な発展に不可欠な存在になりつつあります。
日々を綴る

BCGマトリックス

BCGマトリックスは、ビジネスのポートフォリオ分析において広く用いられるフレームワークです。このモデルは、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)によって1970年代に開発されました。企業が自社のビジネスユニットや製品ラインを評価し、資源を効果的に配分するための戦略的な意思決定をサポートすることを目的としています。
日々を綴る

5つの競争要因

市場セグメントの魅力を評価する際、経営者はポーターの五つの競争要因モデルを利用することが多いです。このモデルは、業界の構造と競争の強度を分析するための枠組みを提供し、市場の魅力と利益可能性を評価するのに役立ちます。
日々を綴る

インターナル・インタラクティブ マーケティング

インターナルマーケティングとインタラクティブマーケティングは、現代のビジネス環境において経営者が理解し、活用すべき重要な概念です。これらの戦略を適切に実施することで、企業は従業員のモチベーションを高め、顧客満足度を向上させ、結果として業績を向上させることができます。
日々を綴る

マーケティングにおける顧客の離反率

マーケティングにおける顧客の離反率(チャーンレート)は、企業の成長と収益性に直接影響を与える重要な指標です。この文書では、顧客の離反率がなぜ重要なのか、その影響、離反率を測定する方法、そして離反率を低下させるための戦略について解説します。
日々を綴る

「市場シェア」「マインドシェア」「ハートシェア」

マーケティングにおける「市場シェア」「マインドシェア」「ハートシェア」という用語は、企業が市場で成功を収めるために重要な概念です。
お勧め本

経営者必見!Webマーケティングの成果を最大化する83の方法

「ファンダメンタルズ×テクニカル マーケティング Webマーケティングの成果を最大化する83の方法」 この本は、Webマーケティングの成果を最大化したい経営者にとって、まさに必読書です。 著者は、北の快適工房を経営する木下勝寿氏。 自身の経験に基づいた実践的なノウハウが、83個の具体的な方法として詰め込まれています。
日々を綴る

マーケティングのコンセプト

マーケティングのコンセプトとは、企業がマーケティング活動を行う上での基本的な考え方です。マーケティング活動の方向性を定め、企業の目標を達成するための指針となります。
日々を綴る

顧客価値ベースにおけるマーケティング

顧客価値ベースのマーケティングは、顧客が製品やサービスに対して持つ価値の認識を中心に据え、それを最大化することを目指すアプローチです。経営者に向けて、このマーケティングの捉え方についての文書を作成する際には、以下のポイントを中心に展開していきます。
日々を綴る

製品の寿命

製品の寿命、または製品ライフサイクルは、市場における製品の成長と衰退の過程を表します。経営者としてこの概念を理解することは、戦略的な意思決定、製品開発、マーケティング戦略の策定において非常に重要です。
日々を綴る

製品のマネジメント

製品のマネジメントは、マーケティング戦略の中核をなす要素であり、経営者にとって非常に重要な概念です。ここでは、経営者が理解しやすいように、製品のマネジメントについて簡潔に説明します。 製品のマネジメントの重要性 製品のマネジメントは、市場で...
日々を綴る

リーダー、チャレンジャー、フォロワー、ニッチャー

競争戦略は、企業が市場での優位性を確立し、持続可能な成長を達成するために重要です。競争戦略を理解する上で、企業は一般的にリーダー、チャレンジャー、フォロワー、ニッチャーの4つのカテゴリーに分類されます。
日々を綴る

4つの競争次元

マーケティング戦略を立てる際、経営者は市場内での競争を理解し、その中で自社がどのように位置付けられるかを把握する必要があります。競争を理解するためのフレームワークとして、「4つの競争次元」があります。これらは一般競争、形態競争、産業競争、ブランド競争という四つのレベルで構成されています。
日々を綴る

7Sフレームワーク

マッキンゼーの7Sフレームワークは、組織の効果的な運営とパフォーマンス向上を目指す際に考慮すべき7つの要素を体系的に整理したモデルです。このフレームワークは、1970年代後半にマッキンゼー・アンド・カンパニーのコンサルタントであるトム・ピーターズとロバート・ウォーターマンによって開発されました。
日々を綴る

アンゾフの成長ベクトル

アンゾフの成長ベクトル(Ansoff Matrix)は、企業の成長戦略を考える際に非常に役立つフレームワークです。このモデルは、市場の拡大と製品の開発を通じて、企業がどのように成長することができるかを示しています。
日々を綴る

効率性より有効性

マーケティング戦略において「効率性」と「有効性」は、しばしば混同されがちな二つの概念です。しかし、経営者の方々にとって、これらの違いを理解し、特に有効性を重視することの重要性を認識することは、ビジネスの成功において極めて重要です。
日々を綴る

SWOT分析

SWOT分析は、企業の戦略立案において不可欠なツールです。これは、Strengths(強み)、Weaknesses(弱み)、Opportunities(機会)、Threats(脅威)の頭文字を取ったもので、企業が自社の現状を客観的に分析し、将来の戦略を計画するために用います。経営者の皆様に向けて、SWOT分析の重要性とその活用方法について、具体的な例を交えながら解説します。
日々を綴る

逆さまピラミッド

マーケティングにおける「逆さまピラミッド」モデルは、従来のピラミッド型組織構造とは対照的に、顧客を最上位に位置づけ、組織の最高経営責任者(CEO)を最下層に配置する考え方です。
日々を綴る

マーケティングにおける80対20の法則

マーケティングにおける80対20の法則、別名パレートの原則は、経営者にとって非常に重要な概念です。この法則は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが19世紀末に提唱したもので、多くのビジネスや生活の側面に応用可能です。
日々を綴る

マーケティングの目的

経営者の皆様、マーケティングと聞いて何を思い浮かべますか?多くの方が「製品やサービスの販売促進」と答えるかもしれません。しかし、現代のマーケティングの本質は、実は「販売を不要にすること」にあります。この考え方は、従来のマーケティング戦略を根底から覆すものです。