日々を綴る

広告がやばい

広告が「死のスパイラル」と例えられることは、一般的に、企業が広告に多額の投資を行いながらも、その効果が見込めない状況を指します。この状況は、特に経営者にとって重要な問題です。以下に、経営者向けにこの概念をわかりやすく解説します。
親子で人間学

スマートとリーン

第1章: スマートとリーンってなに? 1.1 スマートって? 説明: スマートは「賢い」という意味だよ。スマートフォンやスマートロボットのように、技術を使ってもっと便利で効率的になることを意味するんだ。 1.2 リーンって? 説明: リーン...
親子で人間学

持続的成長のための経営戦略

第1章:経営戦略とは何か 経営戦略とは、会社が成功するための計画です。会社がどのように成長し、競争に勝ち、お金を稼ぐかを考えます。経営戦略にはいくつかの方法がありますが、ここでは「コストリーダーシップ戦略」と「差別化戦略」について説明します...
親子で人間学

グローバルオペレーション

企業の成長とグローバルオペレーションについて学びました。企業が成長することで、もっと多くの人に商品やサービスを提供できるようになります。そして、グローバルに成長することで、世界中のお客様に喜んでもらえるようになります。これには様々な挑戦がありますが、それを乗り越えることで、企業はさらに強く、大きくなることができます。
日々を綴る

マーケティングにおける顧客の離反率

マーケティングにおける顧客の離反率(チャーンレート)は、企業の成長と収益性に直接影響を与える重要な指標です。この文書では、顧客の離反率がなぜ重要なのか、その影響、離反率を測定する方法、そして離反率を低下させるための戦略について解説します。
ニッチビジネス

フェアリーティールファンタジー愛好者コミュニティ

フェアリーティールファンタジー愛好者コミュニティは、童話や神話、ファンタジー作品を愛する人々が集まるオンラインおよびオフラインのグループです。このコミュニティは、古典的な童話から現代のファンタジー小説や映画、アートに至るまで、広範なジャンルにわたるファンタジーコンテンツに情熱を持つ人々を結びつけます。
日々を綴る

「市場シェア」「マインドシェア」「ハートシェア」

マーケティングにおける「市場シェア」「マインドシェア」「ハートシェア」という用語は、企業が市場で成功を収めるために重要な概念です。
お勧め本

「図解入門ビジネス マネジメントに役立つ 心理的安全性がよくわかる本」

どんな不があるのかとりあえず100出してみました、ここからその不を解消できるものがあればそれが商売となる可能性を秘めています。ひとつづつ順不同で更新していきたいと思います。ご期待ください。
お勧め本

ネットで売れるハンドメイド副業で月10万円稼ぐ本

ハンドメイド作品をネットで販売するための基本的な知識や考え方が網羅されている 売れる商品の見つけ方や、商品ページの作成方法など、具体的なノウハウが豊富に紹介されている 著者の山口実加氏は、自身もハンドメイド作家として活躍しており、その経験に基づいた実践的なアドバイスが得られる
お勧め本

「いちばんやさしい会計の教本 人気講師が教える財務3表の読み解き方が全部わかる本」

「いちばんやさしい会計の教本 人気講師が教える財務3表の読み解き方が全部わかる本」は、会計の基礎から応用までを幅広くカバーした、とても役立つ書籍です。この本は、特に財務3表(損益計算書、バランスシート、キャッシュフロー計算書)の理解に重点を...
お勧め本

コンサル1年目が学ぶこと

「コンサル一年目が学ぶこと」は、ビジネス・コンサルタントとしてのキャリアをスタートする際に必要な基本スキルを、30の重要なポイントに絞って解説しています。著者の大石哲之氏は、自身の豊富な経験を基に、これらのスキルがどのように実際のビジネスシーンで応用されるかを具体的に説明しています。
お勧め本

ビジネスリーダー必読!森岡毅の「苦しかったときの話をしようか」

ビジネスリーダーとして、あなたは常にビジネスの複雑な世界をナビゲートするための洞察と知恵を求めています。森岡毅の「苦しかったときの話をしようか」は、そのような洞察を提供する貴重な一冊です。
お勧め本

『人間学のすすめ』

『人間学のすすめ』は、ビジネスパーソンやリーダーを目指す方々にとって、自己修養と深い洞察を提供する一冊です。北尾氏の豊富な経験と知識が詰まったこの本は、仕事や人生において重要な指針を与え、読者に新たな視点を開くことでしょう。
お勧め本

君のお金は誰のため

「きみのお金は誰のため」は、経済についての知識を深めたいすべての人にお勧めの一冊です。この本を読むことで、お金と社会に対する新たな視点を得ることができるでしょう。
お勧め本

『修身教授録』(著者:森信三)

『修身教授録』(著者:森信三)は、教育と人生の本質について深く考察した書籍です。この本は、森信三が大阪天王寺師範学校(現・大阪教育大学)で行った「修身」の講義を収録したもので、昭和12年から13年にかけての講義内容が含まれています。
お勧め本

『「帝王学」講義―中国古典に学ぶリーダーの条件』

守屋洋によって書かれた本で、中国の古典に基づいたリーダーシップの原則について深く探求しています。この本は、2011年7月1日にプレジデント社から出版され、全311ページからなります。主に「貞観政要」、「書経」、「韓非子」という三大古典を基に、リーダーシップの粋を紹介しています。
お勧め本

世界標準の経営理論

『世界標準の経営理論』は、経営学の分野で広く認められた専門家、入山章栄によって書かれた本です。この本は、経営理論の世界的な標準を約30の理論を通じて解説し、ビジネスパーソンや学生にとって非常に価値のあるリソースとなっています。
お勧め本

英語について

日本人が英語を学ぶ際、まず英単語から始めることは非常に有効な方法です。英語の学習において、単語は基本的な構成要素となります。単語を知ることは、言語の基礎を築くことに他なりません。日本語と英語は、語彙や文法構造が大きく異なるため、初心者にとっては特に単語の習得が重要です。
お勧め本

『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』

効果的なコミュニケーションスキルに関するベストセラーです。この本は、プレゼンテーションや日常のコミュニケーションで簡潔かつ効果的に情報を伝える方法を教えてくれます。著者は、ソフトバンクの孫正義社長からも認められたプレゼンテーションの専門家であり、グロービスの講師としても活躍しています。
お勧め本

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

『エッセンシャル思考』は、単なる時間管理やライフハックではありません。これは、本当に重要なことを見極め、それを実行するための体系的な方法論です。エッセンシャル思考の哲学は、「より少なく、しかしより良く」生きることについてです。雑多な世界で、この本は読者に大きく視点を変え、社会が既に向かっている方向へ進むよう導きます。