日々を綴る

リーダーシップと熟慮断行のバランス

リーダーシップでは、思慮深く考える熟慮と迅速な行動の断行をバランス良く組み合わせる能力が求められます。深い知識と行動の融合が、目標達成の鍵です。
日々を綴る

セルフマネジメント:従業員主導の成長戦略

自主経営(セルフマネジメント)の重要性、実践方法、および課題について述べています。
日々を綴る

経営者にとって大切な「義」「信」「仁」

経営者にとって、利益を追求することは重要な仕事です。しかし、利益を追求するあまり、自分の利益ばかりに目がくらんでは、かえって身を亡ぼすことになります。
日々を綴る

理想のリーダー像

リーダーシップで特に重要視されるのが、「徳」の持つ三つの要素:信義、義理、仁愛です。
日々を綴る

同じ戦略でも業績は違う

企業が同じ戦略を取ったとしても、必ずしも同じ業績が得られるとは限りません。なぜなら、企業ごとに固有の経営資源や能力、そしてそれを活用する組織能力が異なるためです。
日々を綴る

中国古典から学ぶ仕事と経営の心得

老子の「上善如水」という言葉は、理想の生き方は水のようなものだという意味です。ここでいう水は、川の流れを指します。水の在り方に学べと言うことです。
日々を綴る

コトラーの戦略

コトラーは、マーケティングの父とも呼ばれる世界的に有名な経営学者です。彼は、企業の競争戦略をリーダー、チャレンジャー、ニッチャー、フォロワーの4つに分類しました。この分類は、企業の市場における地位や経営資源の量によって決まります。
日々を綴る

企業理念の3つの視点

企業理念とは、企業の存在意義や価値観、行動指針などをまとめたものです。経営者や従業員、社会など、さまざまな視点から企業理念を捉えることで、その重要性や意義をより深く理解することができます。
日々を綴る

中国古典に学ぶリーダーの条件

中国古典には、リーダーの条件や心得について多くの示唆が記されています。その中でも、特に重要なポイントを以下にまとめます。
日々を綴る

渋沢栄一と陳嘉庚の経営哲学

渋沢栄一と陳嘉庚は、いずれも近代日本の経済発展に大きく貢献した経営者である。しかし、二人の経営哲学には、どのような違いがあるのだろうか。
日々を綴る

成長を促進するフィードバック

「成長を促進するフィードバック:効果的な戦略とその心理学」
日々を綴る

「論語と算盤」から経営哲学を築く要素と手順について 考察

「論語と算盤」は、渋沢栄一が、経営者として成功した経験と、儒教の教えを基に、経営哲学を説いた書籍である。本書は、経営者だけでなく、多くの人々に読まれ、影響を与えてきた。
日々を綴る

プライバシーポリシー

個人情報の利用目的 当ブログでは、お問い合わせや記事へのコメントの際、名前やメールアドレス等の個人情報を入力いただく場合がございます。取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていた...